前のめりに生きる。一歩踏み出せば決してコケはしない。

生きるって大変、でも、だからこそ素晴らしい!

第55歩 できればしたくないよねその話題

 
ママンが「今日は親子丼だから」と言って出してくれたごはんが、
どうもみても失敗したようでいわゆる「猫マンマ」という、
ごはんにいろんなもんぶっかけたものにしかみえず、
 
「ネコのエサみてーだなおい」
 
という、とっても素直な意見を述べたところ思いっきりどつかれ、昨夜からそれこそ猫なで声でいくら「ねえママンったら♪」と声をかけても、ずっとシカトされてる僕です。とっても悲しいです。w
 
んなもんでハローワークというものに行きまして。
失業保険とやらをかっさらうべく。
なんでも、「俺再就職に向けてがんばってんだぜ」というのを示さないといけないものの、毎月20万近いお金がもらえちゃうというありがたい制度でして。
それの認定日とやらのため、ハローワークにハローしてきたのです。
 
あんたの職業特殊だからこんなクソ田舎でそんな仕事あるわけないし、
前職ほど稼げるとこもあるわけないから自分でどうにかしてちょと言われる。
がしかし、失業保険支給日までは週20時間以上働いたらアウトだからねと。
支給されるまで3か月もかかるのだ。
 
週20時間で50万稼ぐのはありってこと?
 
いいや、そんなこともないらしい。
僕の場合、月9万くらいの収入なら許してやるぜと言われた。
3か月間、週20時間しかバイトしちゃいけないうえに9万しか稼いじゃいけないのか。
まあ、タバコ代とコーヒー代とブタ野郎共との飲み代くらいにはなるか。
お母ちゃんにもいくらか渡さなきゃな。
 
そんなことを思いながら、ふとママンの方を見やると、
どうやらお出かけするらしい。くっそ大雨なのに。
そんな僕の視線に気づいたママンは、一言放った。
 
ママン「田舎は車ないと大変(大きなため息)」
 
さっさと車買って私を運べ、ただ飯食ってなおかつ文句垂れやがってクソの役にも立たないんだからせめてそんくらいの孝行しろよこのクズがと言いたいのだな。
 
 
チッ、眞紀子はいつだって無茶言いやがる
 
そんな魂まで抜けちまうようなため息してんじゃないよ。w 
我が家には車は1台しかないので、ダディ専用となっている。
ママンが免許を取ると言ったとき、僕とダディで必死に止めたため彼女は免許を持っていない。ママンが車を運転するなんて、チンパンジーに核ミサイル発射ボタンを任せるようなものだ。
車ほしいと思ったことがないのだが、車というものはいくらくらいするものなのか。
軽四とかなら50万くらいで売ってんのか?
 
50万か・・・
 
仕方ない。
すごく嫌な気分になるだろうが、債権回収していくしかない。
まずは、お金返すことを忘れているだけだろうという先輩からだ。
 
いつの日だったか、僕は合コンに来てほしいというお願いを受けて、
ただ合コンに参加するためだけに関西から東京へと行ったことがある。w
当時仕事でくっそお世話になった他会社の先輩の頼みとあらば、合コンだろうがなんだろうが行くっきゃないのだ。体育会系なんて大っ嫌いだと言いながら、実はくっそ体育会系のノリだったのだ。w
その際、大いに盛り上がって3次会まで突入した合コン@東京のお金を、女の子の前でガタガタ割り勘一人いくらなんてだせーことやめようぜと、とりあえずで僕がすべて払い、解散後に男3人で割ろうということになっていたのだが、結局そのお金をもらい損ねていた。僕は始発の新幹線で関西に戻り、みんなを起こすのは悪いと思ったのだ。
 
別にお金貸してくれというお願いでもないのに、
どうして人にお金についてのお願いをするときはこんなに言い辛いものなのだろう。w
まあ、こんな思いしたくないからいろいろほったらかしになっているのだけども。

f:id:nayamikg:20161110205300j:plain

 

 
よかった
 
 
よかった。くっそ勇気ふり絞った甲斐あった。
なんだかとても情けない気持ちになる。w
 
とりあえず4万GETだ。
 
ママン、車待っててね。
そんときまで、いくらネコのエサみてーなご飯出てきても何も言わずありがたく食べるからね。
せっかく作ってくれたのに、昨日はごめんね。
 
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へにほんブログ村