前のめりに生きる。一歩踏み出せば決してコケはしない。

生きるって大変、でも、だからこそ素晴らしい!

第13歩 気づきの朝

 
と冷静になって考えてみる。
弥縫策を講じ、ここまでなんとかその日その日を生き延びて来たワケで。
今まで、なんとも思っちゃいなかった数百円数千円のお金が如何に大切かをおしっこちびりそうなほど味わったワケで。
今までは、とにかくがむしゃらに日常を生きていれば、ほっといても決して多くはないものの不自由しない額が毎月勝手に入っていたワケで。
そういえばこれから先は?と、冷静になってしまったワケで。
 
 
 
ほっといてもお金入って来ないワケで。
 
 
 
w。まいったね!そりゃそうだ!
でもまあ、今日、とりあえず友人に貸してる5万は返ってくる。
今まで不義理は一度もない。だから友人なワケで。問題ない。ちなみに、借金900万喰らったこととその友人は全くの無関係である。
問題は支出。何が何でも最低限出て行くお金。
 
 
 
〇家賃=11万円
〇光熱費=1万5千円
〇ケータイ代=2万
〇女神への返済=2万
AmazonでミズナGET540円
〇あとは力の限り借金900万を減らすお金
 
 
 
 
ちょっぴり足んないな。
 
 
 
w。ちょっぴりな。
絶望するには早すぎる。
涙を流すには早すぎる。
マンションの上の階の人、あんたは洗濯機まわすのと掃除機かけるの早すぎる。
何も朝6時前から掃除しなくても。
どうしても今やっとかなきゃいけない理由があったなら仕方あるまいが。
 
 
けどまあ、なんとかなるもんだ。
29年生きてきてなんとかならなかったことなんて、
自転車で2時間かかる食べ放題の焼肉屋さんにどうしても行きたくて、でもペダル2時間も漕いでられっかと、代わりにオール漕いでみっかと、海路で進んでショートカットしてやろうと友達3人でプール用ゴムボートで大海原に飛び出し、運悪くフェリーの航路にぶちあたって大波に吞まれ転覆したときくらいだ。どうにもならないってのは、そういうもんだ。ちなみに、僕の高校時代過ごしたところはこんなとこ。
 

                        f:id:nayamikg:20160725085149p:plain

 
共に九死に一生を得たその友人たちも、一人は今やニューヨークでぶいぶいいわせてくっそきれいな嫁もらってる。超末っ子。もう一人は大学の准教授かなんだかで台湾にいる。超童貞。
 
結果、みんななんとかなってる。
根拠のない自信はただの傲慢?
 
 
 
全然オッケー突っ走っちゃう
 
 
 
 
なんとかなるようなんとかする
 
 
 
 
 
貯金0円
所持金121円
借金900万円+2万円
Amazonポイント356pt
PASMO107円
じゃらんポイント5873pt
※未だ薬ぶち込めずも血量激減
ウエルベック「服従」今日発送