前のめりに生きる。一歩踏み出せば決してコケはしない。

生きるって大変、でも、だからこそ素晴らしい!

第7歩 女神の背中

 

 

休明けの平日、世の中には「仕事イヤだオーラ」が悟空の元気玉レベルの集まりようかと。お疲れ様です。皆さんのおかげで今日も日本は元気です。
 
いつも通り、読書とコーヒーにタバコで過ごす午前11時。と、
 
ピンポーン
 
訪問者とはめずらしい。
前職の後輩なら1階まで駆け下りて鼻くそ投げて追い返そう。
先輩なら居留守を使おう。
銀行の高額融資のお誘いなら話くらい聞いてやろう。
宅急便の兄ちゃんだったらスパイの線を疑おう。
 
そんなこと思いながらインターフォンで顔を確認する。
 
ひとみさーーーーーん
 
東京に住んでる彼女の突然の訪問。
 
僕(インターフォンで)「ま、突然ね、奥さん」
彼女(インターフォン)「電話したら『お客様のご都合によりお繋ぎできません』と言われたからな。そりゃ突然だ」
僕「はいすみません。どうぞおあがりください」
 
ってなもんで。
ちなみに、ケータイ代貸してという僕の情けない手紙はまだ受け取ってないとのことでした。東京帰ったら読まずに食べてと懇願。
ほら、早く払ってきなよと2万渡される。
 
男前
 
こんな大金もう久しく見てない。震えちゃう。
26歳女子に2万借りる29歳。クズ。
ダッシュでケータイショップへ。
 
ケータイ復活!
 
そして買い物へ行き、テキパキと料理を始めるひとみさん。
 

             f:id:nayamikg:20160719192459j:plain

 
彼女「ヘイSiri。タイマー9分」
彼女のiPhone、Siriはご機嫌ななめらしく、反応しない。
彼女「ヘイSiri」
やはり応答しない。
彼女「(少し苛立って)ねえ、Siri」
 
僕「はい、なんでしょう(Siriっぽく)」
 
せめて役に立たなきゃということで、今日はSiriになることに決めました。
彼女「・・・。タイマー9分」
僕「タイマー、9分セットしました(あくまでSiriっぽく)」
何のツッコミもなく料理を続ける彼女の背中を見ながら、Siriに成り変わった僕は回想に浸るのでした。
 
そもそも、今の仕事を辞めて、しかも貯金も0になり、それだけでは事足りず900万も借金することになったから、自分の人生を生きてほしいと別れを切り出したのが2か月前。
 
彼女「あたしの気持ちはあたしで決めるから気にしないで。人生のうちの900万なん
          て、ちょっといい車買ったと思えばどうってことないじゃない」
そう言ってタバコの煙を吐いて、
彼女「で、あたし車には興味ないから」
 
 
男前
 
 
年頃の女性には珍しい清貧の思想をもった女性。
つまり、金のことなんて気にすんなよどうにでもなるって。それが別れるファクターには成り得ないよあたしの場合ってなもんで。
さらっとこんなこと言っちゃうあたり村上春樹作品に出てきそうな。
巫女的に導いてくれる女性ね。3人称自立タイプのキャラクターとは少し違う。
僕は村上作品苦手ですが。
でも、僕の言う嫌いとは、リアム=ギャラガーがコールドプレイに対して「あいつらの曲聴くと自殺したくなる」と言ってるのと同じ感じ。とかなんとか言っちゃってほんとは好きなとこあるんだろ?というとこまで一緒。いや、リアムの真意は知りません。トムヨークのほうが僕は苦手です。w
 
とかなんとか考えてる間にご飯が完成。ゴーヤチャンプルー&パスタ。
んまっ。
 
で、fire TV STICK使用HULUで映画を観る。
そのチョイスがまたレネィ=ゼルウィガー出演の「Case39」なんて、もうちょっと可愛げのあるやつでもいいのではないかと。
 
彼女と映画を観るとき、大体いつも口喧嘩になる。
というのも、真剣にじーっと観ているはずなのに、
彼女「え、なんでこうなってんの?」
と聞いてくるからなのだ。必ず。
いや、あなたずっと観てたじゃない分かるでしょと僕。
理解できなかった説明してと彼女。
観てたら分かるよ黙って観ろよ、だめよ教えて、いやだ、教えての繰り返し。
例に洩れず、今回も、
彼女「え、ちょっと待ってこれ誰?」
僕「いや、観てたじゃん?」
彼女「観てたけど理解できない。教えて」
僕「やだよ観てりゃ分かってくるよ」
彼女「だめ教えて」
僕「やだ」
彼女「教えてよ」
僕「集中できない。やだ」
彼女「・・・。ヘイSiri」
 
僕「はい何でしょう!」
 
彼女「今の登場人物のこと詳しく教えて」
僕「はい、説明します」
一時停止して、とても丁寧に、優しく、あくまでSiriっぽく解説しました。
そんなこんなで彼女は忙しく再び東京へ帰るとのこと。
 
彼女「あたしの実家からここにお米とか野菜とか届くから。ちゃんと食べなきゃだめだよ」
ご実家で祖父母さまが畑をやっているとのこと、腐るほどあるんだとかで。いつの間にそんな手配を。
 
まだ見ぬお父さんお母さんごめんなさい。
あんたのできた娘、とんでもない男に捕まってんぜ。
 
彼女「今まで駆け足過ぎたのよ。今はちょっとくらいゆっくりしてもいいと思うよ。じゃ」
 
そう言って帰って行ったあなたの背中は、やはり男前でした。
いつもなんとかなると、とりあえず楽しくやろうと楽観的な僕ですが、弥縫策を講じてるばかりでなく、もう一度駆け足を始めるべく準備運動は始めなきゃなと思いました。とはいえ、この貧乏生活も意外と楽しめてるんですが。w
 
所持金0円から再起を目指す第7歩目、状況は変わらないものの大きな1歩になった気がするのです。
 
貯金0円
所持金3720円
借金900万円+2万円
Amazonポイント356pt
PASMO107円
ケータイ復活!